レーザーによる鼓膜切開


当院では鼓膜切開にOtoLam(オトラム)を利用しています。
通常のメスによる切開より、切開創が維持できるため治療効果が上がります。
詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

アレルギー性鼻炎に対する治療


【レーザー治療の目的】
鼻の粘膜にレーザーをあてることによって、お鼻の粘膜をアレルギーがおこりにくい状態にしようという治療です。効果の持続は個人差がありますが長くて2年ほどです。1、2ヶ月後くらいから症状に改善が自覚できる事が多いです。
高い効果があった方では薬の服用が必要ない状態が維持できます。特に鼻づまりにお困りの方には効果的です。治療には健康保険が利用できます。料金は健康保険の種類によって違いますが手術代が3割負担の方で両鼻で9,200円です。
手術時間は麻酔が20分程度、手術時間が20分程度です。

【治療をお勧めする方】
1)一年中アレルギー症状がある方。
2)花粉症(スギ、ヒノキ、イネ科、キク科など)の症状が激しい方。
3)お薬の服用を控えたい方。
4)アレルギー治療薬を服用をしても、アレルギー症状が改善しない場合や、副作用と
  して眠気が強い方。

5)アレルギー治療薬の副作用(眠気・口の渇きなど)を避けるために薬の服用を控え
  ている方。

【副作用】
副作用は殆どありませんが、治療後1〜2週間ほどかえってお鼻の調子が悪くなります。これはお鼻にレーザーを当てた事に伴う反応で避けて通れません。しばらくはお鼻が詰まったり、かさぶたがついたり、少量の出血があったりします。
効果が不十分である場合は、繰り返す事で効果が得られる場合があります。
お鼻の処置を嫌がる子供さんには向きません。中学生以上が対象ですがお鼻の処置に恐怖感を持たれる方には不向きですのでお薬の治療をお勧めします。妊娠中の患者さんにも可能です。手術中の痛みは殆どありません。

【治療方法】
最初にお鼻の中に麻酔薬のスプレーを行います。さらに麻酔薬の液を浸した細長いガーゼを2、3枚お鼻の中に入れ20分ほど待ちます。十分麻酔が効いている事を確認してレーザー照射を始めます。特別の理由がなければ1日で両鼻の治療を行います。治療後はすぐに帰宅可能です。お仕事も出来ます。
治療直後もしばらくはお薬の服用が必要です。